日本キリスト教団河内長野教会

メニュー

kawachinagano-church, since 1905.

説教集

SERMONS

子どもたちに向けた説教の説教集

「神の怒りを十字架に」

ヨナ四・一~一一ルカ一一・三二今日は、旧約聖書のヨナ書三~四章からお話します。怒(いか)っておられた神様が喜ぶ神様になられたお話です。今日はここに、怒っている人の顔の絵と喜んでいる人の絵を持ってきまし

「耳に入れ、心に納め、言いなさい」

エゼキエル書二・八 -三・四、一〇-一一マルコ   四・九今日は旧約聖書のエゼキエル書から御言葉を味わいます。エゼキエルは神様からのお手紙、巻物を食べたというのが今   日のお話です。手紙を食べる、紙を食べ

「神様がご用のために私をも」

エステル記四・一三-一四ヨハネ 一二・二三-二八今から四ケ所の聖書を読みます。どの個所にも同じ言葉が出てきますので、よく聞いて、言い当ててみて下さい(聖句を記した画用紙を見せながら朗読)。・「この時にあ

「神様が我らと共におられます」

詩編一三〇・一―八マタイ一・一八―二五 今日の聖書に、インマヌエルという言葉があります。神は我々と共におられる、という意味です。もしかするとちょっと聞き慣れない言葉かもしれません。皆さんで一緒に声に出し

「神様にお祈りしたら」

列王記下二〇・一―七フィリピ 四・六―七今日は、祈る王様、聞く神様のお話をします。イスラエルの王様、最初の王様はサウル、次はダビデ、三人目がソロモン、イスラエルの国はその後二つの国に分かれて、北王国イス

「ソロモンの知恵」

列王記上三・一〇―一四ヨハネ  一〇・一―五今日は、教会学校のカリキュラムに従って、ソロモン王のお話です。イスラエルの最初の王様はサウル王、その次はダビデ王、そしてその次がソロモン王です。ソロモンが王様

「御心が導く祈り」

Ⅰサムエル一・一二―一六ルカ   一一・九―一三今日も皆さんよくおいで下さいました。今日は旧約聖書のハンナさんの所から、願いを注いで祈るということについてお話します。ハンナさんは、ずっと望んでいるのにな

「主に仕え、命を選べ」

ヨシュア記24章11~18節フィリピの信徒への手紙1章6節私たちの心、良心が自分自身を責めることがあります。いつも責め立てられていると思う人もおられるかもしれません。でも、神は、私たちの心よりも大きく、全てを

「神が遣わす」

創世記45章1~8節フィリピの信徒への手紙2章12~13節今日は夢の話をします。夢には二種類あります。一つは、皆さんが寝ている夜に見る夢です。自分では作れない。普通に考えたらあり得ないような思いがけない夢も見

「天の星々、数えてごらん」

創世記15章5~6節ガラテアの信徒への手紙3章6~7節今日はアブラハムのお話です。創世記一五章ではアブラムという名前ですが、一七章で改めて契約を結ぶ所でアブラハムに名前が変わります。今日はアブラハムと呼ぶこ