日本キリスト教団河内長野教会

メニュー

kawachinagano-church, since 1905.

説教集

SERMONS

子どもたちに向けた説教の説教集

「ふしぎだね。でもホントなんだ」

レビ記五・一マルコ九・二~一三ある日のことです。イエス様は高い山に登られました。三人のお弟子さんも一緒です。ただペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた(マルコ九・二)のですが、お弟子さんた

「エッファタ、開け」

イザヤ三五・五~六マルコ 七・三一~三七耳が聞こえず、舌が回らず上手く話が出来ない人がいました。この日は人々が、この人を連れてきて、手を置いて下さるようにとイエス様に願ったのでした。ところが、イエス様

「タリタ・クム、少女よ、起きなさい」

詩編一一三・四~九マルコ五・二一~二四。三五~四三今日はまずこの言葉に心に留めます。「タリタ、クム」。「少女よ、起きなさい」という意味です(マルコ五・四一)。皆さんで声に出して言ってみたいのですが、コロナ

「神の国の譬え」

イザヤ四・二マルコ四・二六~三四今日は、主イエスがお語り下さった神の国の譬えの話二つです。まず一つ目、ひとりでに実を結ぶ話。「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしている内に

「元気になるよ、安息日」

出エジプト 二三・一二マルコ 三・一~六安息日、それは私たちが元気になる日です。旧約聖書にも、あなたは六日の間、あなたの仕事を行い、七日目には、仕事をやめねばならない。それは、あなたの牛やろばが休み、

「神の聖者が来られた」

詩編 二四・九~一〇マルコ 一・二一~二八ある安息日に四人の弟子たちと共にカファルナウムの町、その会堂に来られた主イエス、実は神の聖者でした。会堂にやって来られ御国の福音を宣べ伝えると、この会堂に汚れ

「新しい命に生きる」

イザヤ三五・五~六マルコ 一・一~八お早うございます。今日から教会学校ではマルコによる福音書を学んでいきます。今日は教案誌カリキュラムに従って、マルコ福音書の最初の所です。神の子イエス・キリストの福音

「弟子たちは皆」

詩編七三・二三マルコ一四・四三~五二今日のお話の題は「弟子たちは皆」です。弟子たちは皆、どうしたのでしょう。何をしたのでしょう。弟子たちは皆、イエスを見捨てて逃げてしまった(マルコ一四・五〇)のでした。

「神さまをほめたたえよう」

詩編一〇六・四八黙示録一九・一~四今日は教会学校の教案誌カリキュラムに従って、ヨハネ黙示録です。黙示録を二回連続で味わうことになりました。そしてカリキュラムの主題は主の祈りの「国と力と栄えとは限りなく

「小人、中人、大人」

イザヤ六〇・二一~二二マルコ 一・一四~一五今日は教会学校の教案誌カリキュラムに従って、主の祈りの「御国を来たらせ給え」に思いを深めます。ここに中学生、高校生の人はいますか。この教案誌に一つの質問が載