日本キリスト教団河内長野教会

メニュー

kawachinagano-church, since 1905.

説教集

SERMONS

2020年7月12日

「試練と誘惑、真理の励まし」

詩編七八・二三~二五ヤコブ一・一二~一八本日のヤコブ書、小見出しは「試練と誘惑」です。試練や誘惑に弱い私たちを守る神様の恵みについて、今日の聖句から味わいたいと思います。試練と誘惑、ギリシャ語では実は

2020年7月5日

「草は枯れ花は散っても、愛は永遠」

イザヤ四〇・六~八ヤコブ 一・九~一一今日のヤコブ書は、貧しい兄弟は高められ、富んでいる者は低くされる。それを両者ともに誇りに思いなさいと語ります。誇りに思う、それは貧しい兄弟ならば、貧しいが故に卑屈

2020年6月28日

「憐れみはゆるし」

Ⅰテモテ一・一二~一七清教学園チャプレン 川俣茂54年版讃美歌の249番1節に次のようにあります。「われつみびとの/かしらなれども、/主はわがために/生命をすてて、/つきぬいのちを/あたえたまえり」。今

「全ての人を神が清められた」

詩編   六六・一九~二〇使徒言行録一〇・三〇~三五教会学校の皆さん、一緒に教会の礼拝で会うことが出来てとても嬉しく思います。今日はご家族の皆さんも含め、よくお越し下さいました。さて今日は、神様は私た

2020年6月14日

「惜しみなく、咎めだてなく」

ヨエル二・一三ヤコブ一・一~八毎週ではありませんが、しばらくの間、ヤコブ書から御言葉を味わって参りたいと思います。ヤコブ書は信仰者としての行為を課題に掲げます。それで、信仰義認を宗教改革の旗印に掲げた

2020年6月7日

「その出会い、我らを招く幻へ」

エレミヤ 六・一六~一七使徒言行録一六・六~一〇先週の聖霊降臨日の礼拝では、聖霊の働きは出会いを導くと申し上げました。キリストが私たちと出会い、私たちは信仰を与えられてキリストの出会いを受け止め、キリ

2020年5月31日

「執り成し受けて望み見る神の幻」

ヨエル  三・一使徒言行録二・一~四今日は聖霊が降った聖霊降臨日、教会の営みが誕生した教会の誕生日です。おめでとうございます。聖霊が降ると出会いが起こりました。それが今日の主題です。まず、キリストとの

2020年5月24日

「達し得たそこから一歩、また一歩」

詩編 三七・二三~二四フィリピ三・一二~一六主は人の一歩一歩を定め、御旨にかなう道を備えて下さる(詩篇三七・二三)。今日は、この一歩一歩に想いを深めます。口語訳聖書は、人の歩みは主によって定められる、と

2020年5月17日

「万事を益に為し給う」

創世記五〇・二〇ローマ 八・二八~三〇万事が益となるように共に働く。希望に溢れた言葉です。よく知られたこの聖句を改めて味わいたいと思います。放っておけば自然に万事が益になっていくのでしょうか。春夏秋冬

2020年5月10日

「諦めの我慢、望みの忍耐」

イザヤ四三・五~七ヨハネ黙示録三・七~一三「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む」。私たちはローマ書のこの聖句を知っています。もし「苦難は我慢を、我慢は諦めを、諦めは……」だったら絶望になります。