日本キリスト教団河内長野教会

メニュー

kawachinagano-church, since 1905.

説教集

SERMONS

エレミヤ書の説教集

「十字架の新たな誇り」

エレミヤ九・二二~二三ガラテヤ六・一一~一六パウロは手紙の終わりに自ら大きな字で記しました。まず自らの決意を込めてこの私には、と書き出し、そして強調して私たちの主イエス・キリストの十字架の他に、誇るも

2024年2月18日

「見えるものは 見えないものから」

エレミヤ一七・七~八ガラテヤ 五・二~六今日の主題を先に申し上げておきますと、愛の実践を伴う信仰(ガラテヤ五・六)です。主題の前に、今日の説教題「見えるものは見えないものから」について語っておきます。こ

2023年11月5日

「主の救い、全ての人に及ぶため」

エレミヤ三一・三一~四三ガラテヤ 三・ 七~一四信仰や教会の、こう言いますと軽く聞こえてしまいますが、キャッチフレーズ、うたい文句の表現があります。例えば、ルター派教会の信仰の表現は「信仰義認」。改革

2023年9月24日

「御前にて、孤独を愛す」

エレミヤ一五・一七~二一ガラテヤ 一・一八~二四神はパウロを、恵みによって召し出し、御心のままに御子を示して、その福音(御子)を異邦人に告げ知らせるようにされた(ガラテヤ一・一六)。それはパウロの側に、神

「私はあなたの神となる」

エレミヤ三一・三一~三四Ⅱコリント三・一四~一六今日の聖書には神様のお約束=契約が書いてあります。 「私は彼らの神となり、彼らは私の神となる。私は彼らの悪を赦し、再び彼らの罪に心を留めることはない」(エレ

「その愛は神が父だから」

エレミヤ 三・一九~二二ルカ  一五・二〇~二四本日の主題は「父なる神」。主イエスは「アッバ、父よ」(マルコ一四・三六)と祈られました。父というのは誰の父かというと、まずその御子、主イエス・キリストの父です

「愛と平和のまことの神が」

エレミヤ 七・三〇~三一Ⅱコリント一三・一一~一二今日は、真(まこと)の神、すなわち、聖書が証し、主イエス・キリストによって啓示せられた真の神とは、どういう神様なのか、について思いを深めたいと思います。結

カテゴリー